派遣の仕組み

人材派遣は、派遣スタッフ、派遣先(就業先)・ジョブプランニングの三者の関係で成り立っています。

派遣スタッフが「雇用契約」を結ぶのはジョブプランニングです。

派遣先はジョブプランニングと「労働派遣契約」を結びます。

そして、派遣スタッフは派遣先(就業先)からの「指揮命令」に従って働き、
給与はジョブプランニングから支払われます。

派遣の仕組み

派遣のメリットとは?

天職を探すきっかけになる。

派遣では1つの仕事に縛られることがなく、様々な仕事を経験することが可能です。自分が本当にしたい仕事を探すのには最適と思われます。また、複数の企業に派遣されることにより、いつも新鮮な気持ちで仕事に取り組めるのもメリットのうちの一つです。

自分の都合にあわせた働き方

自分の都合にあわせて仕事ができます。勤務時間や勤務地を選ぶことができるので、自分のライフスタイルに合わせた仕事の選択が可能になります。

スキルを活かすことができる

一般企業の社員の場合、コンピューター・語学・経理などの専門スキルを持っていたとしても、必ずしもそれを活かせる部署につけるとは限りません。しかし、派遣の場合は自分の能力、好みにあった仕事や職場を自由に選択でき、専門性を活かすことが出来ます。

規則的に働くことができる

派遣社員は労働時間と労働内容が契約できちんと決められているので、時間外労働をしいられることもなく、決められた労働内容とは関係のない仕事をする義務がありません。

正社員登用へのチャンス

派遣社員として就労する期間の上限は法律によって決められています。これをこえて雇用を継続させようとする場合には、派遣ではなく直接雇用(紹介)へと切替えなければいけません。働き次第では、正社員への切替の可能性も考えられます。

有名企業で働くチャンス

景気の先行きも厳しく、就職率も下がっている環境では、当然大企業に正社員として入社するチャンスも少なくなってきています。しかし、正社員ではなく、派遣社員という形であれば、大企業から受け入れられることがあり、キャリアを積むことが可能です。

派遣のデメリットとは?

生活が不安定

契約で働くので将来的に雇用不安の要素があり、派遣社員の給与は時給や日給といった形をとり、実務労働時間に応じて給料が支払われます。したがって、病気や怪我などで会社を休んでしまうと、その間給料は出ず、収入が減ってしまいます。それから派遣先ごとに労働条件や賃金も異なるので、将来設計もたてづらくなると思われます。しかし、正社員であったとしても勤務内容や実績によってはリストラされかねない時代の為、正社員が必ずしも収入が安定しているとは言えません。正社員であれ、派遣社員であれ、スキルやキャリアを磨いていくということが大切になります。

条件の兼ね合い

派遣という制度は、自分の都合を優先できますが、あまりに条件提示を厳しくしてしまうと、その条件に合う仕事も当然少なくなり、雇用機会自体が少なくなってしまいます。

退職金や賞与がもらえない

正社員と違い、派遣社員には退職金や賞与が支給されるということはないと考えて間違いありません。ですが、そもそも賞与というのは労働基準法や法律によって定められたものではなく、あくまで会社が個人の貢献に対して支払っている手当なので、正社員といえども賞与の出ない会社も少なくありません。


株式会社ジョブプランニング